医局紹介

昭和大学歯学部高齢者歯科学講座 > 医局紹介 > 主任教授

主任教授

主任教授紹介

佐藤祐二 佐藤 裕二(SATO,Yuji),sato-@dent.showa-u.ac.jp
(迷惑メール対策で@を全角にしています。半角に変えてください)
個人ホームページ:http://homepage3.nifty.com/sato-y/

広島大学歯学部卒業(1982)
広島大学大学院歯学研究科歯科補綴学第一専攻博士課程修了(1986)
広島大学歯学部附属病院助手(1986)
National Institute of Standards and Technology(USA)客員研究員(1988)
広島大学歯学部助手(1990)広島大学歯学部助教授(1994)
日本補綴歯科学会学術大会課題口演コンペティション優秀賞受賞(2000)
広島大学歯学部同窓会奨励賞受賞(2001)
広島大学ハラスメント相談員(2001)
昭和大学歯学部高齢者歯科学教室教授(2002)
昭和大学歯科病院副院長(2005)
昭和大学歯学部謝恩会 「極悪な先生部門」最優秀賞受賞
東京都社会保険診療報酬支払基金 請求書審査委員会委員(兼任,2007)
日本歯科医学教育学会奨励賞受賞(2008)
日本老年歯科医学会常任理事,教育・ガイドライン委員長,編集委員会副委員長
日本補綴歯科学会東京支部理事,指導医・専門医
日本歯科理工学会評議員・Dental Material Senior Adviser
日本口腔インプラント学会評議員,指導医・専門医
日本顎関節学会指導医
日本歯科医学教育学会評議員
日本老年学会評議員
日本顎口腔機能学会理事
日本顎顔面インプラント学会評議員
日本咀嚼学会評議員
日本顎顔面補綴学会評議員
日本顎咬合学会 かみ合わせ指導医


【診療】
高齢者歯科を担当しています。当科では,より健康に年を重ねてゆけるように,口の健康を回復・維持するために,補綴を中心とした総合的な治療を行います。また,高血圧,心臓病,脳卒中などの病気をお持ちの方にも安全で快適な治療をしています。決してお年寄りのためだけの診療科ではなく,潜在的な病気の存在を考えた上での最高の治療を行うことをモットーにしています。安心・安全な歯科治療を通じて、健やかな人生に貢献するために頑張っています。

【教育】
学部4年生の「高齢者歯科学」では,多くの問題を抱えた高齢患者さんに対応する方法をPBLを交えて教育しています。これらの取り組みに関しては日本歯科医学教育学会でも高く評価され,教授と准教授がそれぞれ,表彰されています。
また大学院教育にも力を入れています。4年間を通じて臨床を十分にトレーニングします。その上で,臨床に直結する研究を行います。基礎教室への丸投げはしません。学会発表,論文作成,国際学会での発表を行い,学位取得を目指します。さらに認定医・専門医取得も5年間必要ですから,その準備をします。

【研究】
臨床に即した以下の研究を行っています。
・高齢義歯患者の総合評価
・義歯治療の効率化
・要介護高齢者の口腔状況・QOLの評価
・口腔乾燥症の評価と治療
・インプラントの咬合とバイオメカニックス
・インプラント患者の評価
これらの研究に関しては大きな成果を上げており,この10年間で13件の表彰を受けました。研究費の獲得に関しても比較的恵まれています。

佐藤裕二紹介
10年前に広島大学歯学部先端歯科補綴学講座准教授から赴任してきました。
歯学部教育委員長,歯科病院副院長を歴任し,現在は6年生の学年主任として国試対策に力を入れています。大学院運営委員長として大学院の充実にも尽力しています。
学外では,日本補綴歯科学会,日本口腔インプラント学会などの学会で役員を務め,現在は主に日本老年歯科医学会の常任理事として,学会の発展に尽力しています。
よい上司・同僚・友人にめぐまれ,すばらしい教室員に支えられ,これからもさらに頑張って行きます。